2009年04月25日

高解像度な再生の落とし穴

DAWでの再生とメディアプレイヤー(WMP)等でwav再生した場合、印象が大きく違うように感じられます。

僕は48KHz、24bit、midi打ちで曲作ってます。
ミックス・マスタリングを経て、最終的に41KHz16bit(CD音質標準規格)に書き出します。
ビット数もヘルツも違うので、その環境差なのか、DAWの再生レベルが単に高解像度なのか‥


具体的にどのようなことに苦しんでいるかというと

DAW再生では、メロディラインがコードやアクセ要因に対して音量が低目であったとしてもハッキリ聴き取れてしまう。こと一般の楽曲に対して音の隅々まで楽しみたい自分としては、全てがハッキリ聴こえ嬉しい限りなのです。

しかし、ここに落とし穴があります。
この比率のまま41KHz16bitに書き出すと、つい先程まで各々住み分け、鋭さを保っていたはずの音形が、ごった煮の主張が曖昧なサウンドに早変わりです。

とても感覚的な話ですが僕の場合、DAW編集時、自分の思っている以上にメロディを強調する必要に迫られています。

というのも、
僕は編集中の曲をちょくちょくエクスポートするという習慣がありませんでした。

だって部分アウトでも時間掛るし、トラックごとに波形化してミックスダウンするより、かなり音小さくなってしまうし。そんな怠慢意識からエクスポートは打ち終わってからという固定観念が付きつつあったのですが

最近ガラリと変わり、ちょっと作ると書き出して確かめる様になっています(笑)




posted by Avanjour at 11:03 | Comment(0) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
▲トップページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。