2009年06月15日

エージング

いろんな意味で"ちょっとだけ"作曲に疲れてしまったので周辺機器のお話でも。

僕が使ってるヘッドフォンは1年前くらいにコジマ電機で衝動買いしたSONYのMDR-Z600
最初にこれを通して音を聴いてみた印象はとにかく音が小さい

ハズレを引いた感たっぷりに、仮にも万券一枚叩いて購入したので、ネットの評判を観てみると、レビューされてる方々が口を揃えたようにエージングすると見違えるように音が変わる、と。

エージングとは、車でいえば慣らし運転みたいなもので、しばらく音を通すことで本来の性能を引き出せるようになる、らしい。

でも一年前の自分は、全く信じられず、人間でもあるまいし機械なのにそんなことあるわけないとタカをくくり、その場は諦めていました。返品しようにも、こうなるとは思いも寄らず、箱をぶち破って開封してしまったので却下。

そんなこんなで一縷の望みを掛け、一応オーディオインターフェースに挿しといたんです。この間ヘッドフォン無し生活

放置すること一か月、それまで使用していたパナソのRP-HT560と比較してみると、音が大きいと感じられ、間違いなく変化があったことが解りました。

そしてよーく耳をこらすと、小さい音も拾い、解像度もなかなか高そうと判断。定位感もそれなりに良く、あまり高い物は使用したことがないですが、過去に使用したヘッドフォンの中では、一番力強い音だと感じます。

総評では原音に"結構"忠実でいて耳が疲れないってな具合です。

原音に"モロ"忠実で耳が疲れると噂のMDR-CD900STを使ってみたくはあります。


改めてネットで調べたら、完璧な状態になるまで4か月近く掛るという情報も。それだけ劇的に変化する機械ってなんかカワイイ(笑)

posted by Avanjour at 09:21 | Comment(4) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
▲トップページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。