2009年07月15日

自分の曲を検証

作曲を始めた当初から曲をレビューし続けて貰っている中高時代の友人、K君がいる。彼自体は作曲はおろか、音楽経験0ですが、映画にしてもゲームにしても、作品に対して非常に深く物を診れる点で、コメンテーターとして非常にかっている人物です。

そんな彼が日曜遊びに来たので、早速自慢の新曲のイントロを聴かせレビューして貰いました。






当然短すぎるのでなんとも言えず、過去の曲全般について
■天井からぶら下がる箱で曲を例えていただきました。(携帯で読んで下さっている方、本当にごめんなさい!!見ずらいかも・・。)



作曲家の曲が3つのロープ(要素)で満遍なく水平に箱を釣り上げているのに対して、僕の曲は、光る部分もあるが、弱点も多く見受けられるとのことでした。

上から順にマニアック→トップ→ローの解説として、プロの曲は弱点がないことと、個性が良い意味でマニアックになっていることが多く、魅力というものは少なからずマニアックな部分が多いという考えからだそうです。



■次は箱を引き上げているロープの質と本数



ご覧いただきました通り(笑)作曲家が3つのしっかりとしたロープでバランスよく釣り上げているのに対し、僕は毛羽立ったロープ、今にも切れそうなロープ合わせて4、5本で、必死に釣り上げておりバランスが悪く傾いています。

3本で180を表現するのが、リスナーが心地よく感じるバランスだとすると、ボロい4,5本で220を表現しちゃってるようです


■次はロープの断面



作曲家のロープはどこを切っても素材が均等なのに対し、わたくしめのは大小様々な素材で出来ています。


■最後はフレーズ別、曲の構成と表現力



左はAメロがC、Dへの伏線、C,Dは呼びかけ合い・・
ま、ようするに表現すべきベクトルが皆同じ方向を向き、一つの大きな矢印になっている。

もう一方はベクトルが至る方向に飛びかい、筋が通らない歪な矢印を構成している。誰の曲だ!?これは(笑)



何分音楽には素人のK君ですので、見苦しい点などご了承ください!

当の僕は、非常に的を得た解答に感動してしまい、悶絶していたのですが、3日経ち、落ち着いてきたので、具体的どうすればよいか、次回考察したいと思います。


posted by Avanjour at 18:29 | Comment(11) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

トラックの整理整頓+α

最近恒例の土曜日ダラダラテレビっ子

そろそろルパンのテレビスペシャルでは??と検索したけど、何も引っかからない。あの時もしやと思ったけど3月頃放送した「ルパンVSコナン」で今年は済ませる気か??開局記念なんて言葉に、今年はルパンが2作観れるとウキウキしてたのに・・ニッテレ・・。

経費削減はやむないかもだけど、あれじゃ得られる効果も半分にもならないんじゃないか・・。


話は変わりますが
皆様オケ曲書かれる時、トラックの整理をどのようにされてますでしょうか。ただでさえ音数の多くなりがちなオケ曲です。シーケンサー上での整理整頓は必須であると感じます。

恐らく他のDAWにもあるかと思いますが、SONARにはトラックを一括収納出来るトラックフォルダがついてます。

フォルダを使用して木管、金管、弦楽器、パーカスと分けている人。

高、中、低の音域別に分けている人。

フォルダを使用しなくても種別に上から順に並べていたりするのが一般的ではないでしょうか。

実はここ最近試していたことがあります。

それはアンサンブルフレーズごとのトラックフォルダ。
例えば一般のサントラを聴いていて、こんな豪華な歯切れのよい金管ファンファーレ、自分も使ってみたいと思うわけです。そこで自分の持ってる音源からトランペットやホルンをオーディションします。音を重ねてシミュレートし、かなり近い状態になるまで念入りにプリセットして、そこでようやく一個完成。

一つのフレーズに10個近くの音色を揃え、オクターブで打ち込めばいつでもあの曲のあの音が蘇るお手軽さの半面、ファンファーレ時のみしか使用できず、トラック単体で鳴らした場合、とても使えそうにない。

そんなものを使用頻度と相談の上、無数に配置していこうと真剣に実行している大バカ者です(笑)



posted by Avanjour at 22:21 | Comment(8) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

自分が解らないくらい流されてる

今日次回のEWのテーマ指定を見てきました。

『失恋』

次回こそオケ曲でいきたいけど、オケ曲に見合うだけの大恋愛をしたことがないな(笑)いつものことだけど、自分の場合、曲のテーマと自分の経験談は、出来栄えにまったく比例せず。自分の中での理想に近づけるだけ。

ところで壮大な恋愛劇が似合うといったら、やっぱりレイフ・ファインズ。恋愛映画の代名詞になってるH・グラントは間違ってもありえない!

『ストレンジデイズ』、『イングリッシュペイシェント』、『ナイロビの蜂』の人

愛に飢えた訴えかけてくる目が凄い!リュック・ベッソンがレイフを起用した映画が観てみたい。

J−POPは詳しくないけどクリスタル・ケイの失恋系は好きだ。

CURIOUSやサトラレのLost Child

♪自分が解らないくらい〜揺れてる〜、知りたがってる〜♪

MISIAのRemember Lady → 女性を忘れないでください?(笑)

ニーヨのSo Sick、ラウル・ミドンのサンシャイン、いずれもR&B

恋をするという感情自体、人間にしか出来ない行為なわけで、人の声を使うことが今回のテーマには圧倒的に有利だなと思った。




posted by Avanjour at 20:40 | Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

ほのぼの土日

3年ぶりくらい・・今週はまるまる鍵盤に触らなかった。

作曲しないと結構自分の時間あるんだなと再確認。

土曜日夕方起きて、寝てる間に来てたメールを返す。

朝食ならぬ夕食を食べながら、DVDレコーダーに溜まってる一週間分のバラエティ番組と映画、アニメを見る。

I君がくる。

今日は『ジェヴォーダンの獣』と『モンテ・クリスト伯』、『夏のあらし!』、『ゲームセンターCX』等々。

次はテレビゲーム。

『Left 4 Dead』、『ウイイレ9』、『鉄拳タッグ』相手のプレイに泣いて笑ってイラついて、ダラダラグデグデ

ちょっと寝て4時前に海に出発。

5時過ぎに湘南到着!思ったより波ありそう。

腰越海岸と辻堂側の様子を伺い、腰越に決定。

前々からサーフィン連れてってと言っていたI君、1時間もしないうちに疲れて浜辺へ離脱。

自分ももう30分くらいしてあがる。

日曜だから出勤カー少ないと踏んだのが大間違え。I君横浜に送って9時前に帰宅。

すぐに寝たかったけど、髪の毛パリパリ&身体も海臭いのでシャワー。

4時間寝て13時半に祖父の家。

一年に一回の恒例行事、庭のブルーベリーの実を鳥から守る網張り。

ミミズ、クモ、蜂・・現代人には厳しいですぜ、おじい様。そういえば綺麗なアゲハ蝶がいた。

年々木が成長し、網掛けも大変に。脚立から落ちそうになった。

夕飯たんまり御馳走になり、『ダッシュ村』、『天地人』

いい年こいて小遣いまで貰っちまった。

慌ただしい土日だったけど、オケ曲をワンステップ上げれないで停滞していることがずっと頭の片隅にあった・・。


posted by Avanjour at 17:43 | Comment(4) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
▲トップページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。