2009年07月11日

トラックの整理整頓+α

最近恒例の土曜日ダラダラテレビっ子

そろそろルパンのテレビスペシャルでは??と検索したけど、何も引っかからない。あの時もしやと思ったけど3月頃放送した「ルパンVSコナン」で今年は済ませる気か??開局記念なんて言葉に、今年はルパンが2作観れるとウキウキしてたのに・・ニッテレ・・。

経費削減はやむないかもだけど、あれじゃ得られる効果も半分にもならないんじゃないか・・。


話は変わりますが
皆様オケ曲書かれる時、トラックの整理をどのようにされてますでしょうか。ただでさえ音数の多くなりがちなオケ曲です。シーケンサー上での整理整頓は必須であると感じます。

恐らく他のDAWにもあるかと思いますが、SONARにはトラックを一括収納出来るトラックフォルダがついてます。

フォルダを使用して木管、金管、弦楽器、パーカスと分けている人。

高、中、低の音域別に分けている人。

フォルダを使用しなくても種別に上から順に並べていたりするのが一般的ではないでしょうか。

実はここ最近試していたことがあります。

それはアンサンブルフレーズごとのトラックフォルダ。
例えば一般のサントラを聴いていて、こんな豪華な歯切れのよい金管ファンファーレ、自分も使ってみたいと思うわけです。そこで自分の持ってる音源からトランペットやホルンをオーディションします。音を重ねてシミュレートし、かなり近い状態になるまで念入りにプリセットして、そこでようやく一個完成。

一つのフレーズに10個近くの音色を揃え、オクターブで打ち込めばいつでもあの曲のあの音が蘇るお手軽さの半面、ファンファーレ時のみしか使用できず、トラック単体で鳴らした場合、とても使えそうにない。

そんなものを使用頻度と相談の上、無数に配置していこうと真剣に実行している大バカ者です(笑)



posted by Avanjour at 22:21 | Comment(8) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
▲トップページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。