2009年07月15日

自分の曲を検証

作曲を始めた当初から曲をレビューし続けて貰っている中高時代の友人、K君がいる。彼自体は作曲はおろか、音楽経験0ですが、映画にしてもゲームにしても、作品に対して非常に深く物を診れる点で、コメンテーターとして非常にかっている人物です。

そんな彼が日曜遊びに来たので、早速自慢の新曲のイントロを聴かせレビューして貰いました。






当然短すぎるのでなんとも言えず、過去の曲全般について
■天井からぶら下がる箱で曲を例えていただきました。(携帯で読んで下さっている方、本当にごめんなさい!!見ずらいかも・・。)



作曲家の曲が3つのロープ(要素)で満遍なく水平に箱を釣り上げているのに対して、僕の曲は、光る部分もあるが、弱点も多く見受けられるとのことでした。

上から順にマニアック→トップ→ローの解説として、プロの曲は弱点がないことと、個性が良い意味でマニアックになっていることが多く、魅力というものは少なからずマニアックな部分が多いという考えからだそうです。



■次は箱を引き上げているロープの質と本数



ご覧いただきました通り(笑)作曲家が3つのしっかりとしたロープでバランスよく釣り上げているのに対し、僕は毛羽立ったロープ、今にも切れそうなロープ合わせて4、5本で、必死に釣り上げておりバランスが悪く傾いています。

3本で180を表現するのが、リスナーが心地よく感じるバランスだとすると、ボロい4,5本で220を表現しちゃってるようです


■次はロープの断面



作曲家のロープはどこを切っても素材が均等なのに対し、わたくしめのは大小様々な素材で出来ています。


■最後はフレーズ別、曲の構成と表現力



左はAメロがC、Dへの伏線、C,Dは呼びかけ合い・・
ま、ようするに表現すべきベクトルが皆同じ方向を向き、一つの大きな矢印になっている。

もう一方はベクトルが至る方向に飛びかい、筋が通らない歪な矢印を構成している。誰の曲だ!?これは(笑)



何分音楽には素人のK君ですので、見苦しい点などご了承ください!

当の僕は、非常に的を得た解答に感動してしまい、悶絶していたのですが、3日経ち、落ち着いてきたので、具体的どうすればよいか、次回考察したいと思います。


posted by Avanjour at 18:29 | Comment(11) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
▲トップページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。