2009年02月01日

きっかけ

毎日仕事から帰っては曲を作ってます。
代わり映えのしないとても地味な生活サイクルですが割と楽しいんです。

なぜ曲作りを始めたかというと

生まれついての映画好き、企画演出学科でイロハを学んでおり、実際にショートムービーを撮り、授業でクラスメートとプレビュー会をするという楽しい学生ライフを送っている頃。

クラスメートが映像に自分の曲を貼り付けていると宣言していたのがきっかけでした。

聞けばパソコン使用して"打ち込み"というもので作れんだとか。
当時自分はパソコンでインターネットすら見れない知識レベルだったので、ちょっとしたカルチャーショック☆彡

そこで学校終わっては彼の家に通い、Acidをいじらせて貰いました。

映画のショートフィルムを撮るのと違い、作品を作り上げるのに一人で完結する為、隅々まで手が行き届くこと、アマチュアでも腕次第では世界に通用するような楽曲を作れる可能性があること(※1)には大いに希望を抱いたのを記憶してます。

しかしそこは人の家、人のパソコン、4つ打ちにwavデータを貼り付けたようなループミュージック程度の仕上がりだったと思います。

※1 色々なご意見はあると思うが映画はある程度面白いものを撮ろうと思ったら、ある程度の資本がないと難しい




posted by Avanjour at 23:54 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
▲トップページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。