2009年02月06日

オケの立体感2

前回弦楽器におけるパンニングのお話をしました。ですがこのパンニングを活かす為にはもうひと工夫いります。リバーブより先に設定しなければならないもの‥

それはRANGEです。

レンジとは日本語で幅!!(辞書で調べましたw) そう、他の楽器となるべく重ならぬ様、この段階で音の幅を調整します。

また、オケをシュミレートする上で、高い音ほどレンジは狭く、低くなればなる程レンジは広くなることを忘れずに!例によって音の幅も耳ではなく、アナライザーを使用し、近代戦に持ち込みます。詳しくは前記事読んでね♪

下図左はMiroslav Philharmonikトランペットのプリセットそのまま、右はレンジで調整後

trp_norenge trp  
トランペットそのまま トランペット レンジ調整済  

調整前に比べ音がかなり鋭くなります。逆に温かみは消えます。
トランペットは金管の中で高音担当、レンジはバイオリンとビオラの中間くらいを目安に調整しました。

以下は調整済、他の金管

hrn trb tub
ホルン トロンボーン チューバ

ホルンとトロンボーンは使い方がまちまちですので、用途を想定してレンジ設定されると良いでしょう。

なぜこんなことしなきゃいけないか?
定位を拡散しないと木管などの小さい音がかき消される。定位を元にレンジを調整しないと容赦なく音が重なって濁る。

以上、音の定位、音の幅まで解説しました。この後、残響を掛けてオケプリ完成となります。




posted by Avanjour at 12:49 | Comment(0) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
▲トップページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。