2009年02月09日

オケの骨格はドラクエ

自分はオケ曲書いていて、疲れることはあっても飽きることはない。

母親がオーケストラ好きだったので、小さい頃はもっぱらクラシックを聴いて育ちました。当時聴いていたものを今聴くと、さすがにすったるい曲が多いなぁと思ってしまいますが、個々の楽器が出す音はとても落ちつける音だったりします。

あとは小学校でドラクエが流行ったことが大きいです。

BGMに惚れ込んだのが半分、クラスで目立ちたかったのが半分。
ドラクエ4、5のピアノピースは5割くらい制覇したと思います。

すぎやま氏の曲は構成がしっかりとした物が多く、ファミコンのスペックが3和音?くらいだったこともあり、かなりシンプルな楽曲が多いのも特徴。そんなピアノソナタなので、オケの骨格を楽しく、手っ取り早く学べる秀逸な存在だったと思ってます。

難易度的には平均してブルクミュラーくらいだったのかな〜


なんで振り返ってんだ‥、疲れてんのかな・・。





posted by Avanjour at 01:38 | Comment(2) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつぞやは某サイトへのコメントをありがとうございました
演奏会は無事に終了しレッスンは3年目に突入です

私は意見を戴いたかたのサイトへの書き込みはしないのですが
(文章が苦手なのですよ・・)関わるジャンルが違うとは言え
映画音楽の様にしっかりとした構成、論より表現を重点にした印象で
記憶には深く残っていましたので(あくまで私個人の感じ方ですが)
今回は訪問をさせて頂きました

さて、堅苦しい話しはここまで・・

すぎやまさんの曲
残念ながらドラクエは例のテーマしか知らないのですが
私は8bitPCゲームでお世話になっていました

やはり3和音でFM音源らしいエレピでギコギコ鳴っておりました
少ない音数でも素晴らしい音楽はありましたよね

今まさに私はこういう所への原点回帰なのかも知れません
Posted by shi at 2009年02月17日 19:39




shiさん、こんにちはッ!お越しいただきありがとうございます!
というかこちら返信遅くなり申し訳ありません!

演奏会お疲れ様です!!もう三年目ですか!? 僕にとってここ2年間はあっという間でした。
EWで覚えていただけていたのが嬉しかったですよ!

僕はピアノを始めた当初、先生に「バイエルバイエル、これ終わるまでは好きな曲は弾かせないよ〜」
ってな具合で結構つまらなかった印象がありますね。

そういう意味でshiさんの、演奏会に自分の曲が弾けるという方針はとても夢があっていいな〜と思ったりしてます。
ま、もちろん時間的に大変だったりは推察しますが(笑)


僕の場合、年に一回発表会があり、先生と相談しながら普段弾いている曲よりも難しいとされる課題に数か月前から取り組むわけです。

この間、バイエルの練習は一時中止になり、子供ながら嬉しかった記憶がありますね。


すぎやま氏の話、音楽性もさることながら、独学というのが凄いですよ。



文章苦手なお話、僕もまったく一緒なんですよ(笑) じゃあなんでブログ始めてんの?と突っ込まれそうですが、会話しているのと変わらないような文脈でなんとか書いてます。

あと本当はユーザーが書き直せるようなシステムにしたいのですが、どうもこのブログ自体無理っぽいのが非常に残念です。そんなこんなですが、記事の文脈と関係なくても全然構いませんので、良かったら定期的に近況などお伝えくださったら嬉しいです♪
Posted by Avanjour at 2009年02月20日 09:59
コメントを書く
お名前:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
▲トップページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。