2009年03月31日

最近はメロディから

皆様作曲される時どのようなスタイルでお創りになられているのでしょう。

僕は基本ピアノロールを表示し、打ち込んでいくのですが
少し前までは、アレンジ等込みで曲頭から順番にケツまで作っていました。


利点としては、
・ 制約が一切ない状態で作っているので、奇跡的に上手くいく瞬間があり、場所によっては大きく存在感をアピール出来
る楽曲になる。
・ また順を追って作るので、Aメロ、Bメロなどの繋ぎはしっかり作り込める。※繋がるまで前へ進まない(笑)


デメリットは
・ 打ち込みに相当時間がかかる。
・ 当初の全体像と大幅にズレることも多い。


当初の構想から遠ざかっても、結果まぁカッコよくなったかな、なんて納得してしまう自分にそろそろ嫌気がさし、ここ最近の制作方法としてメロディと大まかな構成だけは先に決め、そこから装飾していくスタイルになってきています。


あの曲のあの部分みたいなアレンジをここに挿入して〜など、紙に鉛筆でメモすること必至になっており、ある種作曲始めた当初に戻ったようにも感じる次第です。メロディを先に決めるので、どうあがいても、当初の構想と大幅にズれることはなくなります。


しかし、同時にアレンジは後から作り込めるという確固たる自信を持って制作を進める必要があり、イベントの繋ぎなど
『ここ大丈夫かな・・』と常に不安を抱えて作ってます。

気を付けていること
・ 一曲通してとりあえずカスタネットとトライアングルで仮打ちしリズムを明確にしておく。全体を通してという意味で、最悪メロディはどうにでもなるがリズムはなかなかそうはいかない


メリット
・ 得手不得手が明確にわかる
・ 自信喪失覚悟で自分と向き合える(笑)


デメリット
・ やっぱり時間はかかる(笑)


偉っそうに書いてきましたが、これらを100%成就していることはまずなく、どっかで予定調和に悪戦苦闘するのが僕の作曲。






posted by Avanjour at 06:39 | Comment(4) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです^^

evnc_chckさんのブログからやってきました。
オーケストラの勉強会お疲れ様です。
自分も参加したかったんですけど、
仕事の都合のこともあって無理でした。(汗)

でもひっそりと皆様の作品は聴かせていただいております。
どの曲もかっこよくて同じメロディーでも色々と楽しめる内容でした^^



ところで自分と作り方が似ていると思ったのでコメントしたかったんですよ。
自分もメロディーから作ることが多いのですが、
メロディーは割と書けるほうだと思うんですが、後の肉付けは、
最初からすらすら書けるってことはまずないんですよね。


色々とこねくり回してみて、結果としてうまくいったり駄目なときもあります。

ただ偶然の産物ってすごくかっこよくなるときもあったりして、
それがDTMをやっているときに一番感動する部分でもありますね。



いつまでもこんな作り方では駄目なのかも?しれませんが、
こういう作曲スタイルってDTMだからこそできるものなんじゃないかって、
最近思うようになりました。一度定着してしまったスタイルって、
なかなか変えるのが難しいんですよね。


今回の記事は、いろんな意味で気持ちがよくわかる内容でした。
またこういうの書いてくださいね。(笑)
Posted by makoto at 2009年04月01日 11:21




makotoさん!超御久しぶりです!

ご感想ありがとうございます!!

makotoさんのEWでの後半の曲を聴かせていただき、すごくオリジナリティーのある和声で美しい曲を仕上げられているので、一長一短に仕上げるのが難しいことは容易に想像がつくつもりです!


>>色々とこねくり回してみて、結果としてうまくいったり駄目なときもあります。

すごくよく解ります。僕はDTM始めた当初、楽器の奏法だとか、音としては聴いたことあるけど奏法名までは知らず、使いたい音色にすぐ辿り着けず、実際挿入してみて、これは違う、これも違うと試行錯誤してました。

のでそういった知識(奏法など)は、音源から学んだといっても過言ではないくらいです(笑)


>>ただ偶然の産物ってすごくかっこよくなるときもあったり・・
ええおっしゃる通りです!上手く自分の構想を越えてくれた時なんか、ニヤニヤが止まらず、ずっとMIDIノートを眺めていたいくらいです(笑)

最近、少しずつではありますが、そういった成功例を元にアレンジ出来るネタが増えてきた気がします。DTMで曲を作っていることの恩恵でもあり、特に最初の頃、一曲一曲、時間を掛け吟味し、自分の中で‥ですが大作に挑戦してきて良かったなーと思える部分ですね。そして今後も挑戦し続けてもっとネタを増やせたらなーと思ってます(笑)


>>いつまでもこんな作り方では駄目・・
なんだかんだ言って、わりと強気に『試行錯誤すれば作れる』と自信を持って制作しているのですが、5日以内で作ってくれと言われた場合とでは、仕上がりが大きく変わってしまうのは目に見えています。


構想があるのに作れないとなると、凄く悲しい気分になりますので、この辺りもなんとかカバー出来るようにと、毎日必死です(笑)


ありがとうございます!是非こちらにもまた遊びに来て下さいね♪





Posted by Avanjour at 2009年04月02日 18:04




おぉ、makotoさんではありませんか
御無沙汰しております、文章を読ませていただくのは2年ぶりです
製作は続けておりますか、順調でs・・・

いい加減Avanjour様に叱られそうなので、この辺で終わりにします・・・

作曲スタイル、色々ありますよね
逆に聴かせていただいたオリジナルからアレヤコレヤ想像するのも
多分EW作家ならではの楽しみではないかと思うのです

私の場合メロディでもベースでもリズムでも
まずフレーズを考えて鼻歌で音を出して
そのまま数値入力でザクザク進めていきます
想像された通り鼻歌で「ど」だと思った音が
半音もしくは全音違っていることは当然のまま突き進みます
ひとしきり打ち込みに満足したら心躍らせつつPlay!!

ここで思った通りに演奏されるか、あちゃーな音になるか
はたまたミラクルな楽曲になるか・・・運命の分かれ道

そんな感じです

正しい言い方かどうか分かりませんが
ピアノの講師にはこんな趣味を告白(?)していて
「そるふぇーじゅ」なる訓練を受けています

単純ながらナカナカ難しいです
Posted by shi at 2009年04月03日 20:10
 



shiさん!こんばんは!!

とんでもございません!こんな辺境な地でよろしければ(笑)遠慮なく存分に語り合ってください!もちろん記事と関係なくても全然OKですし、EW作家の皆様がここでお話されていたら、僕もすごく嬉しいです!!

ご感想ありがとうございます♪

>フレーズを考えて鼻歌で音を出して

あっ!shiさんこのタイプなんですね!
賛否あると思いますが、細かい事を気にせず、打ち進むことに激しく同意です。

僕、数少ないのですが閃いた時って、結構鮮明に曲の頭から終りの方まで流れを組めていて・・(ような気がして)、でも実際打ち込む最中に4分音符だの8分だのと気にしていると、ほとんど消し飛んでしまいます。

なのでそういった時は、数値入力、8分音符固定、アバウトに頭だけ合わせ、行けるところまで行っちゃいます(笑)

でも浮かんだ構想を鼻歌に出来ると、より長くそれを維持出来る気もします。
僕は声域がS町隆史さん並に狭いので、鼻歌で具体化するとかえって構想が崩れてしまうのですが(汗)

数値入力の間、ほとんど聴かないというのもすごく解ります!
半音ずれてるなどリアルで音を聴いてしまうと、やはり構想から外れがちになってしまう様に感じます。


僕にとってこのようなラッキータイムはマリオでスターを取った様なもので、その後はいつも通り悪戦苦闘します。



>「そるふぇーじゅ」なる訓練

僕も聴音やりました(笑)
単音だと極端に高、低域以外は解るようになってましたが、和音終わってました(笑)


8小節くらいだったと思いますが
とりあえず先生が弾いたものを3チャンス内に書かなきゃなので、感を頼りに5線譜ノートに点を打っていくのですが、答え合わせすると見事に外れてるんですよ!

あまりに進歩しないので『あまり音感ないね』って言われました(笑) ワラエナイヨ先生‥

いつもありがとうございますm(_ _)m今後ともよろしくお願い致します!!
Posted by Avanjour at 2009年04月04日 08:56
コメントを書く
お名前:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
▲トップページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。