2009年07月15日

自分の曲を検証

作曲を始めた当初から曲をレビューし続けて貰っている中高時代の友人、K君がいる。彼自体は作曲はおろか、音楽経験0ですが、映画にしてもゲームにしても、作品に対して非常に深く物を診れる点で、コメンテーターとして非常にかっている人物です。

そんな彼が日曜遊びに来たので、早速自慢の新曲のイントロを聴かせレビューして貰いました。






当然短すぎるのでなんとも言えず、過去の曲全般について
■天井からぶら下がる箱で曲を例えていただきました。(携帯で読んで下さっている方、本当にごめんなさい!!見ずらいかも・・。)



作曲家の曲が3つのロープ(要素)で満遍なく水平に箱を釣り上げているのに対して、僕の曲は、光る部分もあるが、弱点も多く見受けられるとのことでした。

上から順にマニアック→トップ→ローの解説として、プロの曲は弱点がないことと、個性が良い意味でマニアックになっていることが多く、魅力というものは少なからずマニアックな部分が多いという考えからだそうです。



■次は箱を引き上げているロープの質と本数



ご覧いただきました通り(笑)作曲家が3つのしっかりとしたロープでバランスよく釣り上げているのに対し、僕は毛羽立ったロープ、今にも切れそうなロープ合わせて4、5本で、必死に釣り上げておりバランスが悪く傾いています。

3本で180を表現するのが、リスナーが心地よく感じるバランスだとすると、ボロい4,5本で220を表現しちゃってるようです


■次はロープの断面



作曲家のロープはどこを切っても素材が均等なのに対し、わたくしめのは大小様々な素材で出来ています。


■最後はフレーズ別、曲の構成と表現力



左はAメロがC、Dへの伏線、C,Dは呼びかけ合い・・
ま、ようするに表現すべきベクトルが皆同じ方向を向き、一つの大きな矢印になっている。

もう一方はベクトルが至る方向に飛びかい、筋が通らない歪な矢印を構成している。誰の曲だ!?これは(笑)



何分音楽には素人のK君ですので、見苦しい点などご了承ください!

当の僕は、非常に的を得た解答に感動してしまい、悶絶していたのですが、3日経ち、落ち着いてきたので、具体的どうすればよいか、次回考察したいと思います。


posted by Avanjour at 18:29 | Comment(11) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

無用の長物?

曲の展開の付け方に対して結構苦労症な一面があると思ってます。

しかし困った事に音楽の良し悪しは、そんなものとは無縁、手間を掛け納得のいく物を作ったところで、一向に人を魅了しない結末を秘めているわけです。

俗にいうナルシスト、○ナニスト
作曲していて、そんなレッテルは屁とも思っていませんが、逆に日がな一日あれこれ頭の中の構想を形にして、このフレーズやっぱりダメだ‥となるのはそれなりに凹むものです。

そんな脱力感に襲われると、とりあえず鍵盤弾いときます。

劇的な展開に憧れる自分としては、基本メロディから曲を構成していくのが理想ですが、本当に上手くいかない時、先4小節ほどコードを組んでから上乗せしていくこともあります。

コードから派生させるということは、大まかな構想や予想はあれど、まだ視ぬメロディを仮定し、足場から作るということになるので、コードの刻みが長く少数のコードを使用した場合、それはメロディに対して間口が広く凡庸性の高い物になり、逆は逆。

メロディから作るにせよ、コードからにせよ、難しいクロスワードの様なもんで、展開にいき詰まった時は、ダメなものはダメだったりします(笑)

ただ先に述べた緩いコード進行を使用した場合、展開の存続は糸も簡単に作れるわけで、藁にもすがる想いで甘えてしまうと、あまりの簡略化した状態に

これ、オケ曲にする意味あんのか!?

と自己嫌悪してしまいそうです。
もっともそんなものはリスナーにとって何の意味もなかったりするのです。

ただそんなところに作り手の個性が生まれることだけは確かです。





posted by Avanjour at 07:22 | Comment(9) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

高解像度な再生の落とし穴

DAWでの再生とメディアプレイヤー(WMP)等でwav再生した場合、印象が大きく違うように感じられます。

僕は48KHz、24bit、midi打ちで曲作ってます。
ミックス・マスタリングを経て、最終的に41KHz16bit(CD音質標準規格)に書き出します。
ビット数もヘルツも違うので、その環境差なのか、DAWの再生レベルが単に高解像度なのか‥


具体的にどのようなことに苦しんでいるかというと

DAW再生では、メロディラインがコードやアクセ要因に対して音量が低目であったとしてもハッキリ聴き取れてしまう。こと一般の楽曲に対して音の隅々まで楽しみたい自分としては、全てがハッキリ聴こえ嬉しい限りなのです。

しかし、ここに落とし穴があります。
この比率のまま41KHz16bitに書き出すと、つい先程まで各々住み分け、鋭さを保っていたはずの音形が、ごった煮の主張が曖昧なサウンドに早変わりです。

とても感覚的な話ですが僕の場合、DAW編集時、自分の思っている以上にメロディを強調する必要に迫られています。

というのも、
僕は編集中の曲をちょくちょくエクスポートするという習慣がありませんでした。

だって部分アウトでも時間掛るし、トラックごとに波形化してミックスダウンするより、かなり音小さくなってしまうし。そんな怠慢意識からエクスポートは打ち終わってからという固定観念が付きつつあったのですが

最近ガラリと変わり、ちょっと作ると書き出して確かめる様になっています(笑)




posted by Avanjour at 11:03 | Comment(0) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

プロの音、アマの曲

作曲してない友人によく自分の曲を聴いて貰ってます。
で、一しきりメドレった後、市販のサウンドトラックの視聴に移ります。

そうすると音の差に愕然とすること必至で落ち込む瞬間でもあります‥。
出だしからもう、存在感を始め、何もかもスケールが大きく感じてしまいます。

・どうしたらこの差をなくせるか!?
・一体いつになったら追いつけるのか!?


一つにはミックスの差があげられると思います。

マスタリングの本でエンジニア(葛巻氏)の秘策というのを読んだことがあります。
一例ではありますが、かいつまんで言うと、ラック型外部ファイナライザー(確かe-muってメーカー)で音圧を上げ、どこどこのAミキサーに通し、音を太くする。仕上げに超高価VSTエフェクト(ProToolsに入ってる)を掛けるんだそうです。

ミックス・マスタリング段階において、豪華機材を駆使し、あの手この手で音質を追求されており
アマチュアにとってこれはもうお手上げ。


問題は作曲自体の話です!

音源・エフェクトのグレードを理由に音質を棚に上げがちですが、自分の場合、当然ながら打ち込みを大きく見直す必要がありそうです。

パッと聴いて違いに愕然とするわけです。アレンジの上手さ、芸の細かさ等、色々あるわけですが、もっと単純な何かが絶対あるはず。

あっ!語幣承知で申し上げます、作曲理論は曲を書くスピード・解析力を向上させるもので、いずれも結局は頭の中の理想に向けて曲を作るわけですから、仕上がる楽曲の良し悪しにはそれ程左右しないと思っている僕です。

そんな無知な僕ですが、違いについて一つの結論出しています。

音の強調の仕方が圧倒的に上手い。

何でしょう‥、要所要所音が鋭いんですよね。
ボンッ!キュッ!ボンッ!じゃないですけど、そういった要領で、出るとこは自信を持ってアピールしている。その為に必要な音(音の重ね方)を熟知している。これこれこういう場所にはあんな音が映えるといった知識が広くないと出来ない芸当。

簡単に言えば作曲する上で役立つ武器を多く知ってるんじゃないですかね‥。生演奏等によって楽器を熟知している人、サンプラー弄りに特化した人、色んなタイプの方がおられると思います。

喉から手が出るほど欲しいスキルですが、高音から低音、パーカスに至るまでケースバイケース、一長一短に身につくものではないと思われます。経験によって、ある程度の定義化は可能なように思いますが絶対はない。

そんな経緯を踏まえ
僕は初めから完成系を目指すよりか、プロの人に一矢報いるような楽曲を作っていきたいです。

それが次に繋がる作曲だと思ってます。




posted by Avanjour at 16:15 | Comment(2) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月31日

最近はメロディから

皆様作曲される時どのようなスタイルでお創りになられているのでしょう。

僕は基本ピアノロールを表示し、打ち込んでいくのですが
少し前までは、アレンジ等込みで曲頭から順番にケツまで作っていました。


利点としては、
・ 制約が一切ない状態で作っているので、奇跡的に上手くいく瞬間があり、場所によっては大きく存在感をアピール出来
る楽曲になる。
・ また順を追って作るので、Aメロ、Bメロなどの繋ぎはしっかり作り込める。※繋がるまで前へ進まない(笑)


デメリットは
・ 打ち込みに相当時間がかかる。
・ 当初の全体像と大幅にズレることも多い。


当初の構想から遠ざかっても、結果まぁカッコよくなったかな、なんて納得してしまう自分にそろそろ嫌気がさし、ここ最近の制作方法としてメロディと大まかな構成だけは先に決め、そこから装飾していくスタイルになってきています。


あの曲のあの部分みたいなアレンジをここに挿入して〜など、紙に鉛筆でメモすること必至になっており、ある種作曲始めた当初に戻ったようにも感じる次第です。メロディを先に決めるので、どうあがいても、当初の構想と大幅にズれることはなくなります。


しかし、同時にアレンジは後から作り込めるという確固たる自信を持って制作を進める必要があり、イベントの繋ぎなど
『ここ大丈夫かな・・』と常に不安を抱えて作ってます。

気を付けていること
・ 一曲通してとりあえずカスタネットとトライアングルで仮打ちしリズムを明確にしておく。全体を通してという意味で、最悪メロディはどうにでもなるがリズムはなかなかそうはいかない


メリット
・ 得手不得手が明確にわかる
・ 自信喪失覚悟で自分と向き合える(笑)


デメリット
・ やっぱり時間はかかる(笑)


偉っそうに書いてきましたが、これらを100%成就していることはまずなく、どっかで予定調和に悪戦苦闘するのが僕の作曲。






posted by Avanjour at 06:39 | Comment(4) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

作曲の効率化

シーケンサーはSONARを使っています。

作曲が少しでもスムーズに打ち込める様、ショートカットキーを多様してます。

Ctrl + X,C,V なんてのは当たり前
Ctrl + Space (再生中、タイムラインで再生ストップ)
Rキーで録音
ナッジ (テンキーを使用し、選択したMIDIノートを指定のサンプルだけ移動)
録音待機状態でなくても録音可能にチェックオン (トラックの"R"ボタンを押さなくとも、アクティブトラックの録音可)


ここまではSONARの初期機能ですが、さらにカスタマイズキーとして

・ ピアノロールの開く → Num Enter
・ ステップ録音 → Num +
・ クオンタイズ → Num *

そして極めつけはCAL
Photoshopでいうアクションみたいなもので、一連の動作を記憶させる言語でショートカットキーに割り当てて使用します。

・ 選択したMIDIノートをタイムラインまで移動 → Num 0
ピアノロールでMIDI編集していると、カット&ペーストってちょっとずれることありますよね。
またOKを2回押さなきゃいけないので、こちらの方が全然楽です。

・ ベロシティの増減 → Num -
SONARは選択したMIDIノートのベロシティを数値で増やせますが、減らせない。
リアルタイム録音にて入力した和音のベロシティ比率をそのままに減らしたい時、とても重宝します。

・ 次のMIDIノートまでデュレーションを伸ばす → Num .
リアルタイム録音した時って、ノートの頭、長さともにズれます。そんな時頭を揃えればボタン一つでデュレーションを整えます。

以下は図解です。

090326a.jpg がボタン一つで 090326b.jpg





posted by Avanjour at 06:45 | Comment(10) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

色褪せたプリセット

「至福のひと時」ではリバーブ加減に泣かされたものの、「LostChild」はミックス的に、過去最高の出来であると自負しており、

この配置(定位やレンジ)でこの音色(計45トラック)だと、好き勝手に作曲した場合でもミックス抜きに、音の分離感においてはかなり素晴らしいものに仕上がる。

自分としてはシメシメやったぜ!的なプリセットとなった。そこで味を占め2、30秒のフレーズをちょろちょろ作ってみてwav化して聴いてみると


雰囲気が一緒(笑)フレッシュ度ゼロ


打ち込んだ物の問題もあるだろうが、聴いて貰う人に新鮮さも伝える為には、音色も少しずつローテイションしなければと思った。とは言っても今現在の音色もとても吟味して厳選した愛着のある物ばかり。


Unload出来ずに増やしている一方・・。


ホルンで『ファーーーー』っとか音を出してはサンプラーのパラメーターを弄ってみる。





posted by Avanjour at 23:48 | Comment(2) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

劇伴で引っ張るということは

劇伴でミニマル要素を含む曲は多い。


とくに洋画のサントラに多く、転調したり所々新たな音を挿入して、同じフレーズを繰り返し、そして終わっていく。


劇伴はそもそもリスニング要素に作られているわけではなく、映像に張り付けた時にいかにプラスに働くかが問われる。


リスナーは映画を観賞してる際、当然BGMに耳を傾けているわけではなく、要所要所なんらかの鮮烈なイベントが起こった瞬間に、断片的に物語と一緒に音も記憶する、くらいの感覚だと思う。


手を変え品を変えたとしても、楽曲だけ聴くとなれば同じメロディーを永遠聴いているのは物足りない。でも映像と一緒ならそのくらいが丁度よいのかもしれない・・。


なので頻繁にフレーズが変化する曲を作ったところで、チクイチ聴いて貰えるわけはなく、終わってみたらBGMは記憶に残らなかったという評価を貰う可能性大。


ミニマルミュージックは劇伴の正当なスタイル。


ただループ要素、転調なんてものはDAWがあればわけもなく作れるわけで、本当にこれでいいのかと自問自答する出来になってしまうこともしばしば、また作曲する側としてコピペの時間短縮分を何に費やすべきなのか悩む。


ミックス、マスタリングでクオリティを上げることなんだろうな・・。

posted by Avanjour at 06:57 | Comment(2) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

オケの骨格はドラクエ

自分はオケ曲書いていて、疲れることはあっても飽きることはない。

母親がオーケストラ好きだったので、小さい頃はもっぱらクラシックを聴いて育ちました。当時聴いていたものを今聴くと、さすがにすったるい曲が多いなぁと思ってしまいますが、個々の楽器が出す音はとても落ちつける音だったりします。

あとは小学校でドラクエが流行ったことが大きいです。

BGMに惚れ込んだのが半分、クラスで目立ちたかったのが半分。
ドラクエ4、5のピアノピースは5割くらい制覇したと思います。

すぎやま氏の曲は構成がしっかりとした物が多く、ファミコンのスペックが3和音?くらいだったこともあり、かなりシンプルな楽曲が多いのも特徴。そんなピアノソナタなので、オケの骨格を楽しく、手っ取り早く学べる秀逸な存在だったと思ってます。

難易度的には平均してブルクミュラーくらいだったのかな〜


なんで振り返ってんだ‥、疲れてんのかな・・。





posted by Avanjour at 01:38 | Comment(2) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

オケの立体感2

前回弦楽器におけるパンニングのお話をしました。ですがこのパンニングを活かす為にはもうひと工夫いります。リバーブより先に設定しなければならないもの‥

それはRANGEです。

レンジとは日本語で幅!!(辞書で調べましたw) そう、他の楽器となるべく重ならぬ様、この段階で音の幅を調整します。

また、オケをシュミレートする上で、高い音ほどレンジは狭く、低くなればなる程レンジは広くなることを忘れずに!例によって音の幅も耳ではなく、アナライザーを使用し、近代戦に持ち込みます。詳しくは前記事読んでね♪

下図左はMiroslav Philharmonikトランペットのプリセットそのまま、右はレンジで調整後

trp_norenge trp  
トランペットそのまま トランペット レンジ調整済  

調整前に比べ音がかなり鋭くなります。逆に温かみは消えます。
トランペットは金管の中で高音担当、レンジはバイオリンとビオラの中間くらいを目安に調整しました。

以下は調整済、他の金管

hrn trb tub
ホルン トロンボーン チューバ

ホルンとトロンボーンは使い方がまちまちですので、用途を想定してレンジ設定されると良いでしょう。

なぜこんなことしなきゃいけないか?
定位を拡散しないと木管などの小さい音がかき消される。定位を元にレンジを調整しないと容赦なく音が重なって濁る。

以上、音の定位、音の幅まで解説しました。この後、残響を掛けてオケプリ完成となります。




posted by Avanjour at 12:49 | Comment(0) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

オケの立体感

パンニングをしっかり設定しておくとミックスがとても楽になります
下図は弦楽器の演奏をアナライザー(※1)で見たもの。

VL1 VL2 VA
第一バイオリン 第二バイオリン ビオラ
VC BAS  
チェロ コントラバス  

音階や強弱によって誤差は出ますが、大体こんな感じ。こういう部分は耳ではなく、もっぱらデジタルに頼っている現代っ子であります。

ちなみに同時に演奏してみると

VL1&VL2 VL1&VC
第一&第二バイオリン 第一バイオリン&チェロ  


ソロの演奏より縦には伸びず、横へ拡がる。
ご自分のオケプリセットを組むのに、耳を頼るもよし、たまに音の配置をアナライザーで遊んでみてはいかがですか。



※1 上記で使用したのはフリー(デモ版だけど無期限)で公開されているVSTアナライザー
http://nugenaudio.com/visualizer.php



posted by Avanjour at 11:36 | Comment(0) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

PC2台での作曲

フルオケのように楽器をたくさん読みこまねばならない曲を書く場合、どうされていますか!?

僕はFX-MAX社のFX teleport(※1)とGiga VST Adapter(※2)を使用しPC2台で制作しております。片方のPCはシーケンサー、もう片方はVSTなどの音源マシンというハード音源的な使い方です。

具体的には
FX teleportをインストールし、LAN回線でPC同士を繋ぎ数分待って完了します。

LANネットワークでオーディオと同期するので、音源マシン側にオーディオインターフェイスを必要としません。←某サイトの紹介文そのままで、何なのか分かっていない自分ですが、とりあえずOK!オンボードOK!気になるレーテンシーも感じないに等しいレベルです。

ただ間違ってはいけないのが、ルータを介してではなく、直接LANで繋がなくていけません。素晴らしいルータをお使いの方はOKかもしれませんが、自分の場合、転送速度が大幅に落ちます。結果、音が途切れたりノイズが入ったりと良いことなし。

ネットも見たい人はボード増設しなくていけません。ここまで全て購入しても恐らく2万弱。

手軽で簡単操作の非常に素晴らしいこのソフトですが、購入に関しては結構難しい。購入前のF&Qがすべて英語、支払いはカードのみ。しかもユーザー登録にはフリーメールNG。プロバイダーメール必至。

自分はこのメールの件がクリア出来ず、何度もエラーメールが返信されてきて頭に来たのを覚えています。メールの冒頭に『ホニャララERROR』と記載されており、上手くいかなかったのは解るんですが、本文を翻訳サイトで変換しても、何言ってるかさっぱり解らないのです。

だって全文英語のサイトにカード番号や本メールを入力するの‥相当勇気いりますよね(笑)





※1 ホストシーケンサーをインストールしたマシンの負担を複数のマシンの力を使うことで軽減(コンピュータを100mbit LANでつなぐ)できるソフトウェア
※2 GIGA STUDIO(通常はRewire)をVSTとして認識させるソフトウェア


posted by Avanjour at 05:39 | Comment(0) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

環境

08年頭まではPentium4で曲作りをしてたんですが、まぁ処理が追いつかないこと。

再生中のノイズやCPUのドロップアウトは当たり前、ひどい時はパソコンが落ちるなんてこともあったっけ。制作中のデータが保存すらままならずPCが落ちるのは、さすがにその後やる気が起きませんね。

というわけで現在はQ6600とE6600の2台をLANで繋いでます。
片方を音源専用にすることによって、作曲の処理が飛躍的に軽くなります。GIGA STUDIOで50音色くらいまでは軽快な動作で嬉しい限り。

シーケンサーはSONAR7
SONARはバージョン4からのユーザーで、5までは他のソフトへ乗り換えを考えていた時期もありましたが、6からはmidi打ち機能の大幅カスタマイズが可能になり、とても使いやすいです。

ミックスとマスタリングはSamplitude10
SONARやCUBASEに慣れているので、操作にはいまだ苦労してますが、ミックスにおける音の分離感が抜群に良いです。

結局のところ、オケ曲を視野に入れた環境になっていったわけです。




posted by Avanjour at 23:30 | Comment(0) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月02日

頓挫曲一覧

ファイル名 時間 理由
090627.mp3 0:48  相川七瀬とベニーKの中間目指した曲
 ロックっぽさがなくなったので没
090615.mp3 0:39  EWのテーマ指定「遺跡」に投稿しよう思った曲
 自分の思い通りの音が出なかったので没
090526.mp3 0:55  EWのテーマ指定「遺跡」に投稿しよう思った曲
 途中で090615.mp3を思いついたので打ち切り
090512.mp3 2:18  起承転結のある曲を描こうと思って作った曲
 自分の描きたい音楽じゃないので没
090106.mp3 0:19  アカデミー賞受賞式観てて作りたくなった曲
 定位感が出せなくて没
080814.mp3 0:52  和を意識して作ろうと思ったオケ曲
 作る面白みがなくなってきて没
080210.mp3 0:31  コーラスを使って映画サントラを目指した曲
 満足したので打ち切り
071204.mp3 3:08  銀河鉄道の逃走劇を描きたくて作った曲
 現在でもリメイクしたいのはこの曲くらい
070409.mp3 1:41  楽器の奏法を色々試したくて曲
 飽きて没
loop.mp3 6:38  初期の頃はループミュージックばかり作ってました
 色んな物に手を出したい頃で、どうぞ笑って下さい
tona_01.mp3 0:48  友人と一緒に作ろうとした曲
 飽きて没
saboten.mp3 3:31  パソコンで一番最初に作った曲(笑)サボテン舞曲
 エルメンライヒの「紡ぎ歌」の一部パクッてる











posted by Avanjour at 14:42 | Comment(0) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
▲トップページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。